MUD(メディアユニバーサルデザイン)について

Homeへ戻る

ご存じですか?男性:約1/20、女性:約1/500の人が、あなたと同じような色に見えていません。

色覚の違いやさまざまな目の疾患によって一般色覚者と色の見え方が違う人は、合計すると日本に500万人以上います。その中の300万人以上が色覚障がいの方で、男性の約20人に1人、女性は約500人に1人といわれています。

●例えばこんなふうに見えています。

色覚障がいのシュミレーションです。
都道府県の色分けが区別しにくくなってしまっていることが分かります。

日本地図における色覚障がいのシュミレーション

お問い合わせはこちら

私たちいわき印刷企画センターは、すべての人に見やすく、わかりやすい、MUDを考慮した印刷物をお作りいたします。

●MUD(メディアユニバーサルデザイン)とは?

「MUD」とは見やすさだけでなく、内容や表現の工夫による使いやすさなどにも配慮し、弱視者や色覚障がい者などの障がい者はもとより、一般の人、高齢者、子ども、外国人などより多くの人が見やすく、使いやすいデザインです。

お問い合わせはこちら

伝わるデザインの原則

区別のつけやすい配色

より多くの人がわかりやすい配色を工夫します。

改善前

>> 色覚障がいのシュミレーションでは、路線どうしの色の区別がつきにくくなってしまっています。

路線図における色覚障がいのシュミレーション(改善前)
改善後

>> 路線の配色や、重なり方を工夫して、路線どうしの区別がつきやすくなりました。

路線図における色覚障がいのシュミレーション(改善後)

つたわるデザイン

視覚的に分かりやすいつたわりやすいデザインの表記を工夫します。

改善前

>> エレベーターのボタンです。視覚的に似たような漢字なので、区別がつきにくくなってしまっています。

エレベーターのボタンのデザイン(改善前)
改善後

>> ひと目でわかるイラストを入れ、ひらがなにしたことによって、区別がつきやすくなりました。

エレベーターのボタンのデザイン(改善後)

読みやすい文字組

見やすい大きさの文字と、見やすい文字組を使用します。

>> 行間を調整することによって、読みやすくなる例です。

改善前 文章の文字組デザイン(改善前)
改善後 文章の文字組デザイン(改善後)
色覚障がい体験実施中 こちらのメガネで色覚障がいのシュミレーションができます。ご希望の方は右記までお問い合わせください。

当社はMUD有資格者の社員が多数在籍しております。

MUDを利用した印刷物販売促進に興味のある方は、ぜひ当社までご連絡ください。

当社営業がお伺いいたします。

株式会社いわき印刷企画センター TEL:0246-34-4600

Homeへ戻る